top of page

ADHD治療薬が脳の画像所見に与える影響


ADHD治療薬は種類によっては、身長の伸び等、発育の指標に影響を及ぼすことが知られています。


今回は、広い年代におけるADHDの使用で、脳の画像所見にどのような影響を与えるのか調べた研究をご紹介します。


White Matter by Diffusion MRI Following Methylphenidate Treatment: A Randomized Control Trial in Males with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder

メチルフェニデートによる治療後の脳白質MRI拡散画像


ADHDの診断を受けている10~12歳の男児50人と23~40歳の成人男性49人が対象となりました。


概ね半数ずつにADHD治療薬(メチルフェニデート)と偽薬を投与し、4ヶ月後の画像所見の変化を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・条件を問わない時間経過による変化は認められませんでした。


・メチルフェニデートの服用期間と年代、神経の走行を示す画像所見との間には何らかの関連を認めました(男児では画像所見の変化を認めたが、成人男性では認めなかった)。


要約:『子どもに対するメチルフェニデートの投与では、脳の神経走行に何らかの影響を与える可能性がある』


今後、このような変化が実際の生活に与える影響について検証が期待される内容でした。


もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Комментарии


bottom of page