COVID-19感染後遺症の割合や種類について


COVID-19感染では発熱や呼吸器症状等が著しい急性期から回復しても、後遺症が残る場合があります。


今回はそのような後遺症: postacute sequelae of COVID-19 (以下、PASC)について調べた研究を分析した結果をご紹介します。


Short-term and Long -term Rates of Postacute Sequelae of SARS-CoV-2 Infection

A Systematic Review

SARS-CoV-2感染後遺症の短期と長期の発症率


57の研究(250,351人のCOVID-19回復者 平均54.4歳 56%が男性)が分析の対象となりました。


結果として、以下の内容が示されました。

①PASCが存在する割合は回復から1ヶ月後と6ヶ月以上で同じとなっていました。(その期間で大きく割合が減ることはない)

②PASCの種類としては、胸部レントゲン異常62.2%、集中困難23.8%、全般性不安障害29.6%、全般的機能障害44.0%、疲労・筋力低下37.5%があげられました。


つまり、“COVID-19感染では6ヶ月後以降でも、半数近くに後遺症があり、身体や精神の広い範囲で現れる”といえそうです。


COVID-19感染に関して、急性期の生命の危機に対応することはもちろんですが、その後の後遺症に関するケアも重要であると思われました。

閲覧数:14回0件のコメント