FDAが電子タバコの回収を命令


電子タバコについては、以前からアメリカがん協会American Cancer Society (ACS) 等から、様々な点で健康被害の可能性があるとされてきました。


今回、FDAは電子タバコの主な製品に関して回収を命じ、健康への影響がないことや節煙の効果等に関する検討を行うよう指示しました。


FDA Makes Significant Progress in Science-Based Public Health Application Review, Taking Action on Over 90% of More Than 6.5 Million ‘Deemed’ New Tobacco Products Submitted

FDAは科学的証拠に基づく公衆衛生的検討において前進し、650万の新タバコみなし商品の90%について具体的判断を下した。


電子タバコはFDAの承認を受けておらず、健康への影響が検討されないまま市場に流通している状態でした。


様々な風味の電子タバコ(その中で使用される液体)に関して、発がん性を指摘するデータもあります。


特にアメリカでは、12歳以降の若い年代での使用が問題となっており、身体的あるいは精神的影響に対する検証の必要性が主張されてきました。


今回、FDAの対応は非常に遅延したと批判されており、今後実際に調査が行われ、どのような影響が指摘されるのかが注目されます。


16回の閲覧0件のコメント