〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.
 

その後のツレがうつになりまして。 細川貂々作

 

『ツレがうつになりまして』の後、ツレさんがどのように過ごしているかが分かるエッセイマンガです。

 

病状が軽くなり、病気が「治った」と思う時があっても、天気が悪いときなどは調子の悪化もあり、完全に「治った」わけではないことを知ることが多かったようです。

 

その中で徐々に治療に対する認識が、「病気と付き合っていく」というものに変わっていった様子が描かれています。

 

その後、「付き合い方」が上手になったこともあってか、もっと病状は安定するようになったようです。

 

大勢を前にした講演会を成功させたり、貂々さんのマンガなどを管理する会社を作ったり、主夫業を中心としながら、様々な活動が可能となっている現在にいたるまでの、多くの苦労や工夫が描かれています。

 

特に、うつがひどかった時期を振り返って描かれた「うちではこうしていた」という内容が、実体験の説得力があり、現在うつ病との「付き合い方」を模索されている当事者や家族にとって参考になると思います。

 

特に印象的なのは、うつ病に関する知識や健康に良いとされる情報に踊らされ過ぎず、苦しんでいるツレさんを中心にして正しい方法をじっくり検討されている点です。

 

知識や他者の助言は役立つことも多いのですが、クスリと同じように副作用もあり、その方に合うのか、ご本人の気持ちを確認しながらすすめる必要があると実感しました。

 

前回の『ツレうつ』に続いて多くの知識や工夫、そして当事者やご家族の気持ちのつまった本で、読後は少し暖かい気持ちになりました。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索