〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.
 

参考図書

(一般向け、医療者/援助者向けを含みます)

井上令一 (監修), 四宮滋子 (翻訳), 田宮 聡 (翻訳)

メディカルサイエンスインターナショナル

何か1冊国際的な診断基準に則った詳しい本を入手したい方にはおすすめします。翻訳がやや分かりにくいところもありますが、構成自体は日本の教科書より工夫されています。

%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%

 専門医をめざす人の精神医学 第3版

 医療者/援助者向け

山内 俊雄 (編集), 小島 卓也 (編集), 倉知 正佳 (編集), 鹿島 晴雄 (編集)

医学書院

精神科専門医試験のテキストとしてまとめられた本ですが、精神科医が身につけておくべき最低限の知識を示している点で意味があるように思います。

41yyKiQDd4L._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

 精神科の薬がわかる本 第4版

 一般向け、医療者/援助者向け

姫井 昭男  (著)

医学書院

薬の本の中では一番のおすすめです。実践的な知識が、かなり踏み込んで書いてあり、治療上の役に立ちます。また、著者の熱意が伝わってきて、印象に残る内容です。

41OV7UQvR8L._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

 DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引

 医療者/援助者向け

American Psychiatric Association  (著)

医学書院

国際的な診断基準の参照用として必要であると思われます。診断基準の要点を簡単に押さえたいときに役に立ちます。

51DOIQY06DL._SX295_BO1,204,203,200_.jpg

 はじめての精神科

 医療者/援助者向け

春日 武彦 

医学書院

実は一番おすすめしたい本です。援助者としてどのように関わったら良いのか、迷ったときにとても参考になります。是非一読していただきたいと思います。

51N727PHgiL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

 面接法

 医療者/援助者向け

熊倉伸宏著

簡単に言えば、精神療法家の心構えを説く本であると思います。精神療法・心理療法の各方法論について述べた本は多くありますが、このような人と人の出会いとしての「面接」の本質について論じた本は少ないと思います。

41VFPQ26AFL.jpg

浅岡雅子著

うつ病の治療を中心とした認知行動療法の本は多いですが、パニック・強迫性障害まできちんと視野におさめた本はめずらしいです。PART4の「セルフカウンセリング」が秀逸で、一歩一歩カウンセラーが一緒にすすんでくれるような問いかけがなされています。

51ZeZ0-mL3L._SX260_.jpg

 不登校 Q&A

 一般向け

下島かほる・辰巳裕介:編著

広範な質問に対し、見開き2ページで、一つの回答が完結しており、さらに最後に2~3行でまとめがしてあります。ご家族や本人にとって、不登校対応の手がかりを与えてくれると思います。

不登校Q&A.jpg

 現代臨床精神医学

 医療者/援助者向け

大熊 輝雄  (著), 「現代臨床精神医学」第12版改訂委員会 (編纂)

金原出版

辞書的に使うか、詳しい知識を一から学びたい方に向いています。お亡くなりになる前は大熊輝雄先生が一人で執筆されていて、一貫性が特徴でした。まだ、伝統の残っている本です。

51cZ5o2mDEL._SX359_BO1,204,203,200_.jpg

 精神医学ハンドブック[第7版]

 一般向け、医療者/援助者向け

山下格(やましたいたる)(著)

日本評論社

医師のみでなく援助者に向けて書かれた教科書。通読用の中では、記述も簡潔ながらポイントが押さえられており、おすすめです。

41mLEEOuVmL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg

 こころの治療薬ハンドブック 第12版

 一般向け、医療者/援助者向け

井上 猛 (編集), 桑原 斉 (編集), 酒井 隆 (編集), 鈴木 映二 (編集), 水上 勝義 (編集), 宮田 久嗣 (編集),

星和書店

辞書的に使用する薬の本としてはこちらをおすすめします。いくつかあるこの種の本の中では比較的薄く、記述が分かりやすいです。

41URrRvqtwL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

 ICD-10 精神および行動の障害

 医療者/援助者向け

融 道男 (翻訳), 小見山 実 (翻訳), 大久保 善朗 (翻訳), 中根 允文 (翻訳), 岡崎 祐士 (翻訳)

医学書院

行政関連ではこちらの診断基準を使います。ICD‐11も発表されていますが、まだICD‐10が使用されています。DSMと比較して、記述的で分かりやすい基準が多いです。

51oMDDHu4sL._SX355_BO1,204,203,200_.jpg

 自閉症スペクトラム

 一般向け

​本田秀夫著

一部を抜粋させてください。「……単に既存の情報を整理しただけの啓発書ではありません。『自閉症スペクトラム』について実感を持って深く理解し、生活に活かせる知識と知恵を身につけていただくことをねらいとしています。」例が豊富で目に浮かぶような描写がされています。

51IHhut9kCL._SX305_BO1,204,203,200_.jpg

大野裕著

認知療法の本は非常にたくさんありますが、うつや不安の対処として自分で療法をしたいという人にはこの本をすすめています。認知療法の考えを含めて体系的に学びたいという方には、別の本が向いていると思いますが、とにかく実践したいという方にはとても目的に適った本と言えます。

41VTSTYM5SL._SX326_BO1,204,203,200_.jpg

司馬理英子著

一般的な会話の方法について示された後は、シーン別(会社やママ友、子どもが相手など)でより臨場感を持たせて自習できるように工夫されています。会話の基本をおさえる目的でおすすめできる本です。

アスペルガーの会話メソッド.jpg

 発達障害サポートマニュアル

 一般向け、医療者/援助者向け

上原芳枝著

「どうしたら良いのか」に徹底して応えようという本です。「発達障害」の診断後、どのように生活していったら良いか提案できるように、診断の先を見据えた姿勢を大切にしている内容です。

51AkaPb4qUL.jpg