top of page

子供時代の逆境体験と慢性疼痛の関連




子供時代の虐待などの逆境体験が、その後の人生における精神疾患のリスクを増加させることが指摘されてきました。


今回は、子供時代の逆境体験と慢性疼痛の関連について調べた分析(メタ・アナリシス)をご紹介します。


Adverse childhood experience is associated with an increased risk of reporting chronic pain in adulthood: a stystematic review and meta-analysis

子供時代の逆境体験と慢性疼痛の関連


逆境体験と慢性疼痛との関連を調べた85本の研究(826,452人の参加者)が特定され、基準を満たす57本が分析に含まれました。


結果として、以下の内容が示されました。


・逆境体験があった場合には、成人期の慢性疼痛が多くなっていました(調整後オッズ比1.45倍)。


・身体的虐待があった場合には、特に慢性疼痛が多くなっていました(調整後オッズ比1.50倍)。


・逆境体験の数が多い場合の方が、慢性疼痛が多くなっていました(逆境体験が1つで1.29倍、4つ以上で1.95倍)。


要約:『子供時代の逆境体験があると慢性疼痛が多く、逆境体験の数が多いとさらにリスクは高くなる可能性がある』


逆境体験が精神疾患のみではななく、広く身体的な影響を及ぼしうることを示す内容でした。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page