写真 2021-09-25 21 56 03.jpg

​TMS治療

TMS治療
TMS therapy

薬を使わない磁気による治療

NHKクローズアップ現代での紹介(しくみや体験者の感想等)

2021年10月20日治療開始

​※料金変更しました(¥5000/回)

電話で予約を受け付けます。または、問い合わせフォームから、メールアドレスか電話番号、件名に「TMS予約希望」と記入し送信してください。当院からご連絡いたします。

TMS治療(磁気刺激治療)とは

磁気によって脳を外部から刺激し、脳を活性化(皮質の興奮性が変化)することによって、うつ病(中等度以上のうつ状態)の改善を図る治療法です。欧米では他に、強迫性障害・軽度の認知症・統合失調症の幻聴・大人の発達障害(まだ証拠は少ない)等に対する効果が確認されています。副作用がほとんどなく(中断による反応として知られる依存による症状もなく)、有効性が薬物同等であると証明されており、以前から注目されている治療法です。

TMS治療のメリット

・薬物療法が効きにくい患者さんでも効果が期待できる。

・欧米諸国ではすでに治療法として確立された副作用の少ない(依存のない)治療法である。

・認知機能の改善が期待できる。

TMS治療のデメリット

・効果が出るまでの時間がかかる(20回以上の施行が望ましいとされています)。

・磁気刺激のときに痛みがある。

​・経済的な負担がある(当院の場合は全て1回あたり¥5000。下記の料金説明をご参照ください)。

寝椅子に座った状態で、頭(左背外側前頭前野という部位)に装置を当てて、磁気を発生させます。

1日に20分(同じ効果で、新しいプロトコルに変更しました)、寝椅子に横になっている間に外側から磁気を当てます(やっている途中は“カッカッカッ”と音がなります)。この間特に麻酔などは使用しないので、通常の意識がある状態です。これをできれば週に5日、4週間~6週間(10回程度で効果を実感し始めて、最終的には計20~30回)にわたって行うのが望ましいと言われます。

当院では1回ずつの実施が可能ですが、特に初期に集中して行わないと効果が低いと言われています。

保険適応も始っておりますが、薬物治療の効果のなかった場合限定で、入院して行う必要があります。通常の生活をしながら副作用の少ない治療を実施できるメリットを活かすため、保険適応外での実施となります。

副作用として、上記の頭皮痛以外にけいれん(0.1%未満 抗うつ薬より少ないレベルです)、頭痛、肩こり、耳鳴り、一時的な聴力低下が知られています。

​また、主治医の許可がない方、けいれん発作を起こしたことがある方、ペースメーカー・クリップ等の金属製治療器が体内にある方、重い身体疾患のある方(軽度の肝障害・腎障害では薬よりも負担が少ないです)、妊娠中・授乳中の方、実施中に安静を保てない方はこの治療を行うことができません。

通常の治療に比較し、ご負担が生じますが、現在存在する治療の選択肢の中では有効性の高い治療法であると考えられます。

<料金説明>

1回(20分 従来と刺激回数は同じ)5000円です(初回は刺激部位の決定がありますので30分程度がかかります)。従来に比較して安価なので、不安になられる人もいらっしゃるかもしれませんが、全く同じ効果であることが証明されている新しい実施方法です。当院ではTMSについて現在よりも広まることが望ましい治療であると考えています。なるべくご負担を軽減し、お役に立てるようにしたいと思います。

お支払いは現金・電子決済・カードが利用可能です。

 
写真 2021-09-25 21 54 42.jpg
写真 2021-09-25 21 54 25.jpg
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.