top of page

孤独と食事に関連する脳の働き

◎要約:『社会的孤立感は食事に関連する脳の反応に影響し、これが食行動に関する不適応の背景となっている可能性がある』





社会的な孤立はパンデミック期間中において、精神状態悪化の主要な原因であると指摘されてきました。


今回は、食事に関連する脳の働きに関して、孤独感の影響を調べた研究をご紹介します。


Social Isolation, Brain Food Cue Processing, Eating Behaviors, and Mental Health Symptoms

社会的孤立、脳の食物刺激処理、食行動、精神症状


アメリカのロサンゼルスにおける研究で、閉経前の女性93人(平均25.38歳)が対象となりました。


孤独感や食行動等についての調査と、脳の機能的画像検査を行い、関連性を調べています。


結果として、以下の内容が示されました。


・実感されている社会的孤立が強いグループでは、比較的体脂肪率が高く、食事の質が低下しており、食行動の不適応(渇望、報酬希求の強い形態、制御困難、依存性)、精神状態の悪化(不安、うつ、抵抗力低下)が生じていました。


・社会的孤立感の強いグループでは、食事に関する刺激への脳の反応が、デフォルト・モードに関する領域(ぼんやりしている時に活動する領域)、遂行制御に関する領域、視覚的注意に関する領域で変化していました。


・甘いものに対する脳の反応の変化は、食行動の変化や精神症状の変化と関連していました。


・脳の反応の変化は、社会的孤独感と食行動の不適応との関連を仲介してしました。




孤独感と食行動との関連性は、「さみしい気持ちの時に食べてしまう」という現象で感じられるかもしれません。


脳の反応として客観的変化が生じている点が興味深い内容でした。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page