top of page

睡眠時間の認知能力への影響




睡眠障害と認知症発症リスクとの関連が指摘されてきました。


今回は、習慣としての短時間睡眠、長時間睡眠が、高齢者の認知機能にどのような影響を与えるのかを調べた分析(メタ・アナリシス)をご紹介します。


Self-reported sleep duration and cognitive performance in older adults: a systematic review and meta-analysis

高齢者における自己申告の睡眠時間と認知能力

  

習慣としての睡眠時間と認知能力との関連を調べた研究35本(97,264人の参加者を含む)が分析の対象となりました。


5時間以下を短時間睡眠、9時間以上を長時間睡眠として、通常の睡眠(7~8時間)と認知機能低下の発症リスク(オッズ比)を調べています。


結果として、以下の内容が示されました。


・短時間、長時間睡眠の両方で、認知能力低下の発症が多くなっていました(オッズ比で見ると、短時間で1.40倍、長時間で1.58倍)。


・研究のデザイン(横断と前向き)によらず、総合的認知機能評価での低下を認めていました。


要約:『高齢者において短時間・長時間睡眠の両方が認知能力低下と関連がある』


長時間睡眠は、循環器疾患のリスクとも関連していましたが、認知能力低下についても(間接的なものも含めて)何らかの影響があるようです。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page