アルツハイマー病の危険因子や予防因子について


様々な側面から認知症の予防について指摘がありますが、今回発表されたメタ・アナリシスに基づく論文は、アルツハイマー病に関して包括的な内容となっています。


Evidence-based prevention of Alzheimer's disease: systematic review and meta-analysis of 243 observational prospective studies and 153 randomised controlled trials

医学的証拠に基づくアルツハイマー病の予防


論文タイトルにもあるように、証拠としての信頼性が比較的高い研究(243本の観察研究と153本のランダム化比較試験)を分析の対象としています。


以下のように、アルツハイマー病予防に関する医学的証拠が分類されています。

※危険因子としての表現に改めています。

Level A(強い証拠):(低い)教育、高ホモシステイン血症、(少ない)知的活動、高齢期における高いBMI、うつ病、ストレス、糖尿病、頭部外傷、中年期の高血圧、起立性低血圧

Level B(比較的弱い証拠):中年期の肥満、高齢期の体重減少、(少ない)運動、喫煙、睡眠障害、脳血管疾患、フレイル(老年期の虚弱性)、心房細動、(少ない)ビタミンC


以上の因子を全て避けることは難しいかも知れませんが、生活の中で注意できる点をおすすめしたいと思いました。


#認知症

23回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.