top of page

新型コロナウィルス感染症前後における脳画像所見の変化


新型コロナウィルス(以降、SARS-CoV-2)感染症を経験した後に、認知機能の低下が生じることがあり、“ブレインフォグ”等として表現されることがあります。


今回は、SARS-CoV-2感染症に罹る前後の脳MRI画像における変化を調べた研究をご紹介します。


SARS-CoV-2 is associated with changes in brain structure in UK Biobank

SARS-CoV-2感染と脳の構造変化との関連


UKバイオバンクという、イギリスで収集された大規模な生体情報データバンクを元とした研究で、今回は約3年間の間隔で脳画像が入手できた51~81歳の785人の脳画像が分析の対象となりました。


対象者のうち、401人については、SARS-CoV-2感染後の画像を入手し、感染があった場合とない場合で、画像所見の変化との関連を調べました。


結果として、感染後では傍海馬回・眼窩前頭皮質・島皮質(嗅覚との関連がある領域)で0.2~2%の灰白質の体積減少が認められ、通常の自然経過で起こる変化よりも大きくなっていました。


これらの変化はごく僅かなものであり、感染後に起こる認知機能の低下と関連するのかは不明です。


また、この程度の変化はストレス等の環境的な要因によっても起こる可能性があり、ウィルス感染症の直接の影響かは解釈を慎重にした方が良い結果であると思われました。

閲覧数:30回0件のコメント