top of page

脊髄を刺激する装置で腰痛が軽減する


重篤な腰痛は原因が分からない場合も多く、慢性の経過を示し、生活の大きな支障となることが指摘されてきました。


今回は、手術適応のない腰痛に対して、脊髄を刺激することで腰痛を軽減する装置がアメリカのFDAで認可された記事を紹介します。


ABBOTT RECEIVES FDA APPROVAL FOR ITS SPINAL CORD STIMULATION SYSTEMS TO TREAT CHRONIC BACK PAIN IN PEOPLE WHO HAVE LIMITED SURGICAL OPTIONS

アボットが慢性の腰痛を治療する脊髄刺激装置についてFDAの認可を受けた


この装置はわずかな電気的な刺激 spinal cord stimulation (SCS) により、腰痛の軽減を図るもので、慢性の腰痛(平均罹病機関12.8年)に悩む200人を対象とした試験で明らかな腰痛の軽減、機能向上、生活の質や心理的状態の改善を認めたとのことです。


腰痛に関しては、鎮痛剤の効果も限定的であることが少なくありません。


このような副作用の少ない物理的な治療で改善を見込めるならば、病状による負担の大きな軽減につながると思われました。




もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page