非定型抗精神病薬の有効性比較


アミスルピリド(日本未承認)、アリピプラゾール、オランザピンが統合失調症の第一選択薬(最初に投薬を検討されるべき薬剤)とされています。


今回は、この3つの薬剤の有効性や副作用について、比較した研究をご紹介します。


Amisulpride, aripiprazole, and olanzapine in patients with schizophrenia-spectrum disorders (BeSt InTro): a pragmatic, rater-blind, semi-randomised trial

アミスルピリド、アリピプラゾール、オランザピンの統合失調症への効果比較


ノルウェーとオーストリアの施設における試験で、18歳以上の統合失調症罹患者144人が対象となりました。


治療薬をランダムに割り当て(アミスルピリド44人、アリピプラゾール48人、オランザピン52人)、治療の効果と副作用(52週後まで)を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。

①治療の効果ではアミスルピリドが最も大きくなっていました(PANSSという一般的な統合失調症の症状尺度で、アミスルピリド-32.7、アリピプラゾール-21.9、オランザピン-23.3)。

②全ての薬剤で体重増加などの副作用が認められましたが、全体として頻度の大きな差は認められませんでした。


つまり、この研究では第一選択薬とされる薬剤の中でも、アミスルピリドの有効性が高いと言えそうです。


しかし、これが結論というわけではなく、さらに検討が必要な内容であると思われました。


#統合失調症


48回の閲覧0件のコメント