音楽療法で心不全が改善するか?


音楽療法によって、うつや不安等の精神症状のみではなく、疼痛等の身体症状が改善する可能性が指摘されてきました。


今回は、比較的短期間で心不全による生活障害が改善するかもしれないという内容の論文をご紹介します。


Beneficial Effects of Listening to Classical Music in Patients With Heart Failure: A Randomized Controlled Trial

心不全に対するクラシック音楽の有効性


心不全(NYHA分類のⅠまたはⅡ)のある159人が研究の対象となりました。


音楽療法追加のグループと通常治療のみのグループにランダムに振り分け、音楽療法追加のグループには少なくとも毎日30分以上、クラシック音楽を3ヶ月間聴いてもらいました。


結果として、音楽療法追加のグループでは心不全に関連する生活機能や一般的生活機能、睡眠の質、不安やうつ、認知機能において、通常治療のみのグループよりも大きな改善を認めていました。


音楽療法の研究は小集団で比較対照がないものが多く、今回の結果は音楽療法の効果を精神面のみではなく身体的機能からも客観的に評価した証拠として貴重であると思われました。


#音楽療法

25回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.