1回のマリファナ使用で精神病症状が増加する?


マリファナはアメリカの複数の州でその使用が合法化される等、法的な取り扱いや社会的な認知が変化しつつある物質です。


確かに疼痛に対する効果等、医療用の用途でも効用が確認されており、合法化されている他の物質に比較しても、健康に対する影響は少ないという意見があります。


今回は、マリファナ中に含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)やカンナビジオール(CBD)が、精神状態にどのような影響を与えるのか、複数の論文を統合した分析結果(メタ・アナリシス)をご紹介させてください。


Psychiatric symptoms caused by cannabis constituents: a systematic review and meta-analysis

麻薬の成分による精神症状


麻薬の成分(上記のTHCとCBD)の影響を調べた11の研究が分析の対象となりました。


結果として以下のことが示されました。

①一回のマリファナ使用に相当するTHCの分量で、精神疾患の既往が無かった場合でも、幻覚や妄想といった精神症状や不安・うつ等の非特異的な症状が出やすくなること

②麻薬中にTHCとともに含まれているCBDについては研究が少なく、結果ははっきりしない。THCとCBDが同時に摂取される場合(通常のマリファナ使用)で、どのような影響が生じるのかも分からないこと


つまり、マリファナ全体では明らかなことは分からないが、その主成分の一つには、少量摂取でも精神症状を引き起こす可能性がある、とは言えそうです。


上記のようなことから、世界的な基準で、すべてのマリファナ使用を否定する根拠にはならないかもしれませんが、少なくとも副作用の一つとして把握しておく必要性を感じました。

〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.