top of page

生きづらい毎日に それでいい。実践ノート


対人関係療法を専門にされている水島広子先生の本です。

「こんなわたしはダメだ」

「わたしはみんなに迷惑をかけている」

「こんな自分はいなくなったほうがいい」

 …………

日々そんな言葉を自分に浴びせ続けている。

私はしばしば「こんな俺はダメだ、と思っている俺はダメだ、と思っている俺はダメだ……」という「ダメループ」にハマります。

今日もみなさん、「自己否定」されてないでしょうか? 私は今日起きてから、この時点までに100回は「ダメだ」と自分に言ってやりました。たぶん、眠るまでにもう100回は言うでしょう。

この本はそんな日々への処方せんとして書かれた本です。あるいはそこまで行かなくても、もうちょっと自分を元気にしたい人に実践して頂きたい内容です。