ADHDの危険因子について


ADHD(注意欠陥多動障害)について、様々な危険因子・保護因子・バイオマーカーが候補として指摘されてきました。


今回は、それらの因子に関する総括的な内容(メタ・アナリシス)をご紹介します。


Environmental risk factors, protective factors, and peripheral biomarkers for ADHD: an umbrella review

ADHDの環境的危険因子・保護因子・バイオマーカー(生物学的尺度)


研究論文の情報データベースから、ADHDの危険因子・保護因子・バイオマーカーに関する内容を含む1,839の論文が同定され、基準を満たす35の論文が分析の対象となりました。


危険因子として、

確実性が高い convincing: 妊娠前の肥満、(アトピー等の)皮膚炎、子癇前症(妊娠中毒症)、妊娠期のアセトアミノフェン暴露

疑いが強い highly suggestive: 妊娠期の喫煙、小児喘息、妊娠期の体重超過、ビタミンD不足

等が挙げられます。


今のところ、関連性が指摘できるだけなので、因果関係までは分かりませんが、一定の注意を要する環境要因(母体の要因)と思われました。


#ADHD

75回の閲覧0件のコメント
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.