top of page

統合失調症に対する持効性注射剤の効果


以前から、統合失調症に対する月に1回程度の注射剤の効果が確認されてきました。


今回は、アジア系民族を対象として、注射剤の長期にわたる効果(入院回数など)を調べた研究をご紹介します。


Association of Long-Acting Injectable Antipsychotics and Oral Antipsychotics With Disease Relapse, Health Care Use, and Adverse Events Among People With Schizophrenia

統合失調症に対する持効性注射剤の抗精神病薬(以降、LAIA: Long-Acting Injectable Antipsychotics)と経口薬の再発・医療機関使用・副作用との関連


香港における研究で、統合失調症に罹患した70,396人(37,200人が女性、平均44.2歳)が対象となりました。


16年間に渡る疾病記録を元に、入院の回数や自殺企図・副作用などについて調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・LAIAの方が経口薬よりも入院回数・自殺企図が少なくなっていました(全入院37%減、精神科的入院48%減、統合失調での入院47%減、自殺企図44%減)。

・副作用は大きな変化なし(LAIAの方がやや減少)。


要約:『統合失調症に対する持続効果のある注射剤は、アジア系民族に対しても有効で、副作用の増加はなく、入院などを少なくできる』


注射剤に対して強制的治療のイメージが強かったり、副作用が出たときに身体から取り除くことが難しかったりするので、まだ使用に抵抗感はありますが、客観的資料を総合して考えると治療の選択肢に加えるべきなのかもしれません。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ


閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page