群発頭痛に対する鼻腔内ケタミンの効果


1次性の頭痛(他の原因によらない頭痛)として“群発頭痛”と呼ばれる病態があり、(片頭痛ほど名称が知られていないかもしれませんが)生活に影響を及ぼす頭痛として知られています。


今回は、群発頭痛の発作に、ケタミン(麻酔薬として知られています)の鼻腔内投与がどのくらい有効か調べた研究をご紹介します。


Intranasal ketamine for acute cluster headache attacks-Results from a proof-of-concept open-label trial

急性の群発頭痛発作に対する鼻腔内ケタミンの効果


群発頭痛の発作があった20人に対して、薬剤であることを伝えた上で、ケタミンの鼻腔内投与を行いました。


病院内で、6分ごとに最大5回の投与を行い、痛みが軽減するかを調べました。


結果として、以下のことが示されました。

①投与15分後における効果は15%の痛み軽減にとどまっていました。

②30分後では59%の痛み軽減が得られていました。

③半数の参加者が通常の頭痛薬(スマトリプタン)や酸素投与よりも、ケタミンを好むと答えました。


つまり、“鼻腔内ケタミンは群発頭痛の発作に有効で、30分程度で痛みが半減する可能性がある”と言えそうです。


少数の参加者による偽薬を対照としていない試験なので、有効性の証拠とはなり得ないかもしれませんが、今後の検証に期待が持てる内容でした。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示