視力と認知能力の関係


目が悪くなると記憶力も悪くなると経験的に言われることがあります。

しかし、具体的にどのくらい視力と認知能力の低下が関連しているのかは良く分かっていません。

今回は白内障の手術をした場合、認知能力の低下の様子が変化するのかについて調べた論文をご紹介します。

Cataract surgery and age-related cognitive decline: A 13-year follow-up of the English Longitudinal Study of Ageing

白内障手術と加齢による認知能力低下について

イギリスの加齢変化に関する調査(English Longitudinal Study of Ageing :ELSA)で、2000人程度の白内障の方について調査が行われました。他の条件を同じになるようにして、白内障の手術をした場合とそうでない場合とで比較したところ、長期の経過で、手術を受けて視力の回復を図った方が認知能力低下の速度が半分程度になることが示されました。

機序として、感覚刺激自体が脳の機能を保つことや目が見えないことによる社会活動の制限が少なくなること、自尊心の改善につながることなどが想定されていますが、詳しいメカニズムまでは明らかではありません。

しかし、これまでの経験通りに、認知症を防ごうと思ったら視力を保つことは非常に有効であると言えそうです。

#認知症

192回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.